マッチングアプリに向いてない人が持つ6つの特徴と結果を出す方法

「自分はマッチングアプリに向いてないのでは」と思うことってありますよね。僕も、何度もそうした気持ちになったことがあります。なので、その気持ちがとてもよく分かります。

僕は、自分自身が恋人を作った経験をもとに、マッチングアプリの使い方を指導しています。しかし、残念ながら、向いてないと感じられる生徒がいるのも事実です。

そこで今回は、マッチングアプリに向いてない人が持つ特徴を6つ紹介します。また、そのような人が結果を出すためのヒントも解説します。

「同時進行」に強い抵抗があると向いてない

マッチングアプリに向いてない人の特徴に、「同時進行」への抵抗が強いことがあります。同時進行とは、複数の相手とのメッセージやデートを、並行して行うことです。

マッチングアプリは、同時進行が前提の仕組みになっています。逆に、1人ずつ関係を深めようとすると、上手くいきにくいです。

例えば、途中で返信が来なくなることは当たり前です。実際にデートをしてみても、相手の容姿や雰囲気にしっくり来ないこともあります。このように、極めて効率が悪いのです。

ただ、同時進行に抵抗があっても、使ううちに慣れていけば良いです。付き合うまでは二股に該当しないので、倫理的にも問題ありません。

メッセージのやりとりが苦手な人は向いてない

メッセージのやりとりが苦手な人は、マッチングアプリに向いてないかもしれません。なぜなら、マッチングアプリでは、これが不可欠だからです。

マッチングアプリを使う以上、メッセージから関係を深めることになります。これは、LINEのようなやりとりができる機能です。

苦手な人ほど、「メッセージが続かない」「やりとりが盛り上がらない」と悩みを抱えやすいです。これは、僕もそうだったので、痛いほど分かります。

ただ、やりとりの仕方を勉強することで、かなりの部分を改善できます。僕も、試行錯誤をした結果、恋人を作ることもできました。

メッセージのコツについては、以下のページをご覧ください。

→マッチングアプリのメッセージ

受け身で自分から行動しない人は向いてない

自分から行動できない人は、マッチングアプリに向いてない可能性が高いです。例えば、「自分からいいねを押せない」「メッセージが届くのを待っているだけ」などの人です。

もちろん、よほどプロフィールが魅力的であれば、向こうからアプローチを受けられます。よって、受け身であっても上手くいきます。

しかし、ほとんどの人はそうではありません。よって、自分から行動していく必要があります。

逆に、自分から行動することさえ心掛ければ、かなりチャンスが広がります。なぜなら、ほとんどの登録者が受け身だからです。よって、他の人と差をつけられます。

もしあなたが「自分は受け身かもしれない」と思うのなら、今日から変えていけば問題ありません。

上手くいかないとすぐに諦める人は向いてない

すぐに諦める人は、マッチングアプリに向いてないです。

例えば、プロフィールを掲載したものの、反応がないとします。このとき、「自分がアプリで出会うなんて無理だ」と、すぐに諦める人は多いです。

しかし、結果を出す人は「このプロフィールではダメなんだと分かった」と前向きに解釈します。そして、新たに改善を加えていきます。

例えば、「別の写真を使ったらどうだろう」「文章の表現を変えてみたらどうだろう」と試行錯誤します。この結果、失敗を糧に成功を積み重ねていきます。

このように、すぐに諦める人は向いてないです。ただ、こちらも「すぐに諦めないこと」さえ意識すれば、結果を出すことができます。

マッチングアプリへの偏見が強い人は向いてない

偏見が強い人は、マッチングアプリに向いてないです。なぜなら、常に相手を疑いの目で見てしまうからです。

もちろん、ネット上で出会うことに対して、偏見を持つ気持ちは分かります。僕も、マッチングアプリを始める前はそうでした。

しかし、これがあまりにも強いのは問題です。このような人は、すぐに「この人は怪しいのではないか」と疑います。相手に好印象を持っても、「何か裏があるのではないか」などと言い始めます。そして、関係を前に進めることができません。

この場合、利用するうちに偏見を取り去っていけば問題ありません。メッセージやデートをするうちに、「今の時代はマッチングアプリを普通の人がやっているものなのだな」と思えるようになります。これは、僕もそうでした。あなたも、行動しながら偏見を払拭していってください。

相手の外見に強くこだわる人は向いてないかも

相手の外見に強くこだわる人は、マッチングアプリに向いてない可能性が高いです。

これは、「マッチングアプリには容姿端麗な人がいない」ということではありません。想像以上の美人やイケメンと出会った、という声もよく聞きます。

問題は、相手の容姿を確認できるまで時間がかかることです。プロフィール写真は見られるものの、実物と違いがあるかもしれません。

マッチングアプリを使う以上、これは絶対に避けられません。外見に強くこだわる人は、「違う方法で出会いを求めるべき」と思います。

例えば、合コンやパーティなどであれば、最初に相手の外見を確認できます。

まとめ:マッチングアプリに向いてない人の特徴

今回は、マッチングアプリに向いてない人が持つ6つの特徴を紹介してきました。まとめると、次の通りとなります。

・「同時進行」に抵抗がある人

・メッセージが面倒でストレスを強く感じる人

・受け身で待っているだけの人

・上手くいかないとすぐに諦めてしまう人

・マッチングアプリに対する偏見が強い人

・相手の容姿に対するこだわりが強い人

他の方法を考えた方が良いかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連ページ