マッチングアプリの返信・返事のコツ8つ!失敗例と成功例!

マッチングアプリで、相手にどう返信すれば良いか迷う人は多いです。また、自分でも気づかないうちに、返信で悪い印象を与えている人も多いです。

今回は、マッチングアプリにおける返信のコツを、8つ紹介します。この内容をマスターすることで、メッセージのやりとりが成功するようになります。

可能な限り24時間以内に返信をする

マッチングアプリでは、可能な限り24時間以内に返信をしてください。なぜなら、それ以上の時間が経過すると、返信が来る確率が下がるからです。

相手は、あなた以外ともやりとりをしています。返信が遅いと、あなたのことを忘れたり、他の人に魅力を感じたりする可能性が高くなります。恋人ができて、マッチングアプリをやめてしまうこともあります。

これを防ぐためにも、24時間以内の返信を心がけてください。それ以内なら、特に急ぐ必要はありません。通勤通学や、休憩時間を上手く使ってください。

返信を一言で済ませない

マッチングアプリにおける返信は、一言で済ませないことが大切です。一言で済ませてしまうと、「冷たい」「話す気がない」と思われやすくなります。

例えば、相手があなたに「ディズニーランドがお好きなんですか?」と質問したとします。このとき、次のような返信の仕方は良くありません。

ディズニー好きです!

これでは、返信が一言で終わっています。一方で、さらにもう一言付け加えると、次のようになります。

ディズニー好きです!パレードを見るのが好きなんです!
ディズニー好きです!平日休みなので、空いてる日を狙って楽しんでます!

こうすることで、話に対する積極性をアピールできます。また、相手としても「パレードがお好きなんですね!」「平日がお休みなんですね!」などと、さらに話を広げやすくなります。

このように、マッチングアプリにおける返信では、一言で済ませないよう注意をしてください。そうすれば、メッセージのやりとりが盛り上がるようになります。

返信に「?」を1つだけ入れる

返信には、「?」を1つだけ入れるようにしましょう。つまり、必ず1つ質問をするということです。

なぜ質問をする必要があるのか

返信の際に質問をすべき理由は、2つあります。1つは、積極性をアピールするためです。

マッチングアプリでは、相手が積極的に質問をしてくる場合もあります。このとき、質問に答えるだけの返信をしがちです。

しかし、これは良くありません。なぜなら、「この人は自分と話したくないのだろうか」と心配させてしまうからです。よって、あなたからも質問をする必要があります。

もう1つは、相手が返信しやすい状態を作るためです。例えば、「今日はお休みなんですか?」と聞かれた場合の返信を考えてみましょう。

「?」のない返信(悪い例)

相手:今日はお休みなんですか?

あなた:はい、休みです!

あなたの返信には、「?」がありません。これだと、相手は「次に何を返信すれば良いのか」と迷ってしまいます。

そこで、次のように変える必要があります。

「?」のある返信(良い例)

相手:今日はお休みなんですか?

あなた:はい、休みです!◯◯さんもお休みですか?

これにより、相手は「今日が休みかどうか」を答えれば良いと分かります。よって、かなり返信がしやすくなります。

マッチングアプリでは、出来るだけ返信しやすいメッセージを送ることが大切です。これにより、やりとりが長続きするようになります。

このように、質問をすることで、積極性のアピールができます。同時に、相手が返信しやすいメッセージを作れます。

2個以上の質問をするのもNG

1回の返信では、2個以上の質問をするのもNGです。なぜなら、多くの質問に答える手間を与えてしまうからです。

極端な例ですが、次のようなメッセージが届いたらどう思うでしょうか。

◯◯さん、今日はお休みですか?

今日はサッカー観戦に行きます。◯◯さんはサッカーが好きですか?

料理がお好きと書いてありましたが、どんな料理を作ることが多いですか?

あなたは、3つの質問に答えなければなりません。これは、大きな手間になります。また、一方的に質問を浴びせられているという印象を持つはずです。

質問は、ゼロでも2つ以上でもNGです。必ず、「1回のメッセージにつき1つだけ質問する」ことを意識してください。

相手の言葉に対する反応を示す

返信の際は、相手の言葉に対する反応を示すことが大切です。これにより、「この人はしっかり話を聞いてくれる」と思われます。よって、好印象を与えます。

例えば、仕事の話題になったとします。そして、相手から「私は音楽関係の会社を経営しています」というメッセージが届いたとします。これに対する返信の仕方を考えてみましょう。

返信例1(悪い例)

相手:私は、音楽関係の会社を経営しています。

あなた:いつから会社を経営されているんですか?

これでは、相手の発言に対する反応がありません。いきなり、次の質問を浴びせてしまっています。

これを少し改善すると、次のようになります。

返信例2

相手:私は、音楽関係の会社を経営しています。

あなた:そうなんですね!いつから会社を経営されているんですか?

「そうなんですね!」の部分で、相手に対する反応を示せています。ただ、まだ弱いです。「はい」「そうなんですね」などは、相手に冷たい印象を与えます。

そこで、相手の言葉を繰り返すことで、これを回避することができます。次のようになります。

返信例3(良い例)

相手:私は、音楽関係の会社を経営しています。

あなた:会社を経営されてるんですね!いつから会社を経営されているんですか?

「会社を経営しています」という言葉に対して、「会社を経営されているんですね」と、同じ言葉を使って返信をしています。これにより、「この人は話を聞いてくれている」という印象を強く与えられます。

このテクニックは、バックトラッキングと呼ばれます。

マッチングアプリでは、バックトラッキングが極めて重要です。なぜなら、相手にこちらの表情が見えず、話を聞いていることが伝わりにくいからです。

ここまで述べたように、相手の言葉を繰り返すことで、話を聞く姿勢をアピールできます。

相手のことを否定せず共感する

返信の際は、相手の発言を否定しないように注意してください。そして、なるべく共感するようにしてください。

人間は、否定されることを良く思いません。意見が合わないと、「この人とは相性が悪い」と判断されてしまいます。

例えば、相手が「辛いものは苦手」と書いたとします。このときの、返信の仕方を2通り考えてみましょう。

悪い例(否定)

あなた:嫌いな食べ物ってありますか?

相手:うーん、辛いものは苦手ですね!

あなた:えー!ありえない。辛いの最高なのに!

良い例(共感)

あなた:嫌いな食べ物ってありますか?

相手:うーん、辛いものは苦手ですね!

あなた:一緒ですね!私も辛いものが苦手です!

このように、相手の発言を肯定することで、「話が合う人だ」と思ってもらえます。

ただし、場合によっては、共感できないこともあると思います。例えば、相手は辛い食べ物が苦手なものの、あなたは大好きである場合です。このような場合は、次のように返信してください。

良い例2:

あなた:嫌いな食べ物ってありますか?

相手:うーん、辛いものは苦手ですね!

あなた:分かります!私も何年か前までは全然食べられませんでした!

このように、何とか共感できる点を探してください。そうすることで、相手を否定せずに済むようになります。

返信の長さを相手に合わせる

マッチングアプリの返信は、相手の長さに合わせてください。こうすることで、メッセージを気持ちよく送ってもらうことができます。

例えば、相手が長文を送ってくるのに、あなたが短文で返信したとします。すると、相手は「この人は素っ気ない」と思われてしまいます。

逆に、相手が短文を送ってくるのに、あなたが長文で返信したとします。この場合、相手は「読むのが大変」「自分も長く書かないと」とストレスを感じます。

ポイントは、吹き出しの大きさを相手に合わせることです。これを意識すれば、相手と返信の長さが合うようになります。

なるべく1つの話題を掘り下げる

マッチングアプリの返信では、なるべく1つの話題を掘り下げるようにしてください。1つの話題を長く扱うほど、「話が盛り上がっている」という印象を与えられます。

話題をコロコロ変えてしまうと、次のようになってしまいます。

悪い例(話題がコロコロ変わる)

あなた:どんな食べ物が好きですか?

相手:最近は和食にハマってます!

あなた:和食がお好きなんですね!休日はどんなことをされてますか?

相手:フットサルが趣味です!

あなた:フットサルいいですよね!映画はお好きですか?

この場合、話題が「食べ物」→「休日」→「映画」とコロコロ変わってしまっています。

そうではなく、次のように1つの話題を掘り下げるようにしてください。

良い例(話題が変わらない)

あなた:どんな食べ物が好きですか?

相手:最近は和食にハマってます!

あなた:和食がお好きなんですね!オススメのお店はありますか?

相手:先輩に連れて行ってもらった◯◯ってお店がとても良かったです!

あなた:◯◯ですね!メモしておきます。僕は最近そばにハマってるんですけど、◯◯さんはお好きですか?

この場合、ずっと食べ物の話題を続けています。よって、相手は「話が盛り上がっている」と感じます。そして、あなたに好印象を抱きます。

このように、マッチングアプリの返信では、1つの話題を掘り下げることが大切です。

全員に返信をしようと思わない

マッチングアプリでは、全員に返信しようと思わないことが重要です。なぜなら、あなたの使える時間は限られているからです。

失礼なメッセージを送ってくる人や、全く話が弾まない人もいます。そのような相手に返信をしていると、とても疲れてしまいます。

メッセージ交換のゴールは、相手とデートをすることです。よって、「デートをしてみたい」と思えない相手には、返信を止めるようにしてください。

貴重な時間は、恋人候補となる相手にだけ使うことが大切です。メッセージの返信は、少しでも会いたいと思う相手に限定してください。

まとめ

今回は、マッチングアプリにおける返信のコツを、8つ紹介してきました。

まとめると、次の通りとなります。

・可能な限り24時間以内に返信する

・質問に答えるときは一言で終わらせない

・「?」を1つだけ入れる

・相手の言葉に対する反応を示す

・相手を否定せず共感する

・吹き出しの大きさを相手に合わせる

・なるべく1つの話題を掘り下げる

・全員に返信しない

これらのコツを意識すれば、メッセージが盛り上がりやすくなります。相手に好印象を与え、デートまでたどり着ける確率も上がります。

僕の発信が、ほんの少しでも役に立てば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連ページ