友達から恋人になるきっかけ方法!付き合うまで発展させるには

「友達と恋人になるには、どうすれば良いのだろう」と考える人がいます。今は友達である異性と、付き合うまで発展させたいと考えるのです。

ただ、友達から恋人になる方法は難しいです。いきなり告白をしても、失敗する確率は極めて高いです。したがって、正しいきっかけ作りの方法を知る必要があります。

そこで今回は、友達から恋人になるきっかけや方法を解説します。これを知ることにより、付き合うまで発展させることができます。

友達から恋人になるのが難しい理由

まずは、「友達から恋人になるのが難しい理由」から解説します。

多くの人は、異性とまずは友人になり、その後に恋人になるものだと考えます。図にすると、次のようになります。

しかし、実際はそうではありません。人間は、出会った異性を早いタイミングで、「友達」と「恋愛対象」に仕分けます。正しくは、次のようになります。

そして、一度友達として見なされると、恋愛対象になるのは難しいです。

それにも関わらず、いきなり友達に告白したり、キスをしたりする人がいます。これでは、「友人としてしか見られない」と断られてしまいます。

このように、一度友達として認識されると、恋愛対象になるのは難しいです。いきなり告白をしても、失敗する可能性が高くなります。

友達から恋人になるきっかけ作りの方法

そこで、まずは「友達」として固定されたあなたのイメージを、壊す必要があります。

具体的には、次のようなきっかけ作りの方法があります。

会う・連絡を取るのをやめる

友達から恋人になるきっかけ作りでは、会ったり、連絡を取ったりするのをやめることが有効です。

これにより、「友達」としての印象を薄めます。そして、まるで初めて会ったかのような状態を、擬似的に作り出すのです。そして、「友達」と「恋愛対象」の振り分けを、もう一度してもらうイメージです。

実際、昔の友達と再会して、恋人同士になる人は多いです。これの典型的なものに、「同窓会」があります。これも、友達としての印象が薄まることで、再度振り分けが行われることがきっかけです。

まずは、自分から連絡するのをやめてみましょう。もし誘われたら、「忙しい」などと理由をつけて断りましょう。

あなたも、好きな人と会えないのは辛いと思います。しかし、ここは付き合うきっかけを作る方法だと思って、我慢してください。

そして、最低でも3ヶ月ほど経過してから、再会するようにしてください。その際に、告白をするとうまくいきやすいです。

このように、会ったり、連絡を取ったりするのをやめるという方法で、友達から恋人になるきっかけ作りができます。

会うのをやめられない場合の戦略

一方で、友達と会うのをやめられないこともあります。例えば、学校や職場が同じである場合です。これでは、相手を避けることができません。

この場合は、3つの方法を使うことで、友達としての印象を変化させることができます。そして、恋愛に発展させるきっかけを作れます。

外見を変える

会うのをやめられない場合、外見に変化をつけるのも効果的です。

とはいえ、整形をするわけにもいきません。そこで、オススメなのが「髪型」を変えることです。気軽でいて、大きく印象を変化させられます。

例えば、次のような感じです。

・パーマをかける

・長めだったなら短く切る

・前髪を下ろしていたなら上げる

このように、髪型を変えることでも、変化を印象付けることができます。

付き合い方を変える

会うのをやめられない場合、付き合い方を変えることも有効です。

例えば、友達と毎日22時ごろにLINEをしていたとします。この場合、返信する時間帯を、夜から朝へと変えてみてください。

あるいは、帰り道に食事をすることが多かったとします。この場合、理由をつけて断ったり、ランチに誘ったりしてみましょう。

このように、付き合い方を変えることでも、変化を印象付けることができます。

会う場所を変える

会うのをやめられない場合、場所に変化をつけるのも良いです。

例えば、普段はよく居酒屋で飲みに行く関係だとします。この場合、「水族館」や「花火大会」など、デートスポットに誘うのが効果的です。あるいは、あえて甘いものを食べに行くなど、店の系統を変えるのも有効です。

このように、場所を変えるだけでも、変化を印象付けることができます。

「感情の錯覚」を使う

友達から恋人になるきっかけとしては、「感情の錯覚」を使うこともできます。

感情の錯覚とは、いま抱いている感情を、目の前にいる相手に対して抱いていると錯覚することです。

具体的には、友達と一緒にいるとき、何らかの方法でドキドキさせます。すると相手は、あなたに対してドキドキしていると錯覚します。このことが、友達から付き合うきっかけになるのです。

ここからは、感情の錯覚を引き起こす、3つの方法を解説します。

吊り橋効果を使う

1つ目は、吊り橋効果を使う方法です。吊り橋効果とは、一緒に恐怖や味わった相手を、恋愛対象にしやすくなる現象です。

あなたが、異性と写真のような吊り橋を渡ることを想像してください。「落ちたらどうしよう」とドキドキしますよね。

すると、その感情を、目の前の異性へ抱いているのだと錯覚するのです。

ただ、実際にこのような吊り橋を渡るのは難しいです。そこで、次のような体験をすると良いです。

・ホラー映画を見る

・一緒に軽いイタズラをする

・お化け屋敷やジェットコースターに乗る

このように、吊り橋効果を使う方法でも、友達から恋愛に発展させるきっかけになります。

恋愛の話をする

2つ目は、恋愛の話をすることです。この方法でも、友達をドキドキさせることができます。

例えば、次のような感じで切り出します。

・初恋って覚えてる?

・中学生の頃の好きな人ってどんな人だった?

・今までの恋人の1番嬉しかったプレゼントは?

すると、友達は「好きだった相手に対する感情」を思い出します。それを、あなたに対して抱いているのだと錯覚し始めます。

逆に、同じ恋愛の話でも、ネガティブな感情を思い起こさせてはいけません。話題が次のような方向にならないよう、気をつけましょう。

・ストーカーされた経験

・しつこく復縁を迫られた話

・恋人から浮気をされた経験

これだと、友達はドキドキするどころか、マイナスの気持ちになります。これでは、恋愛に発展させるきっかけにはなりません。

このように、恋愛の話をすることでも、友達をドキドキさせることができます。

スポーツをする

3つ目は、スポーツをすることです。運動をすると心拍数が上がるため、ドキドキさせることができます。

デートスポットには、スポーツができる場所が多くあります。例えば、次のような感じです。

・卓球

・山登り

・ボルダリング

・スケートリンク

ぜひとも、友達をこうした場に誘ってみましょう。二人でドキドキする体験を通じて、感情の錯覚が起こりやすくなります。

このように、スポーツをすることでも、友達をドキドキさせることができます。

相手を友達ではなく異性として扱う

友達から恋人になるきっかけとして、相手を異性として扱うことがあります。

人間には、自分がされたことを相手に返したくなる性質があります。例えば、親切にされれば、相手にも優しくしようとします。意地悪をされれば、相手にも意地悪をしたくなります。

そこで、自分から友達を異性として扱うことが効果的です。このことが、友達もあなたを異性として見てくれるきっかけになります。

あなたが男性の場合、次のようなことをすると良いです。

・車道側を歩く

・ドアを開けてあげる

・重い荷物を持ってあげる

あなたが女性の場合は、次のように相手を頼ると良いです。

・蓋を開けてもらう

・高いところのものを取ってもらう

・「これ食べきれなくなっちゃった」などと甘える

このように、友達を異性として扱う方法で、相手も同じ視点であなたを見るようになります。そして、友達から恋人に発展させるきっかけを作ることができます。

まとめ:友達から恋人になるきっかけ・方法

今回は、友達から恋人になるきっかけや方法を解説してきました。

友人関係から恋人になるのは、かなり難易度が高いです。人間は、出会った異性を「友達」と「恋愛対象」に仕分けします。一度「友達」と見なされると、そこから「恋愛対象」になるのは大変です。

ただ、絶対に不可能ではありません。そこで、「友達」として固定された印象を、意図的に壊す必要があります。

このきっかけとして最高なのは、会ったり、連絡を取ったりするのをやめる方法です。これにより、友人としての印象を薄めることができます。

ただ、学校や職場が同じなどの理由で、それができないケースも多いはずです。この場合は、外見・会う場所・付き合い方を変えるという方法で、印象を変えることができます。

また、「感情の錯覚」を引き起こすことも有効です。何らかの方法でドキドキさせ、あなたに対してドキドキしていると錯覚させるのです。

そして、自分から相手を異性として扱うことも効果的です。人間には、自分がされたことを相手に返したくなる性質があります。よって、友達を異性扱いすることで、相手も同じことを返してくれます。

この記事を読んだあなたが、友達と付き合うことができますように。応援しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連ページ