好きな人と付き合う前のLINE頻度で片思いに失敗しない方法

好きな人にLINEを送るとき、その頻度や間隔は迷いますよね。付き合う前の片思いであれば、なおさらだと思います。

この頻度を間違うと、好きな人に悪い印象を与えたり、嫌われたりする可能性があります。片思いを成就させるためにも、そのような事態は避けたいところです。

今回は、付き合う前のLINE頻度や頻度で失敗しない方法を教えます。また、届く頻度が少ない場合や、減った・増えた場合の考え方も紹介します。

付き合う前の正しいLINE頻度は状況で違う

好きな人との理想的なLINEの頻度は、状況によって異なります。具体的には、「LINEが続いている場合」「最低限の返信しか来ない場合」「返信が来ない場合」の3パターンを考えます。

あなたがどれに当てはまっているか、考えながら読み進めてみてください。

LINEが続いている場合の頻度

まずは、片思いの相手とLINEが続いている場合の頻度を考えます。「LINEが続いている」とは、次のような状況を指します。

・好きな人からも質問をしてくる

・好きな人からも話題を出してくる

・あなたの質問に答えるだけではなく、話を膨らませてくる

このような場合、好きな人はあなたとのLINEを嫌がっていません。片思いではなく、両思いである可能性もあります。したがって、このままLINEを続けて大丈夫だと言えます。

この場合は、好きな人が送ってくるのと同じ頻度か、それよりも少し遅らせるようにしてください。

例えば、あなたがLINEを送って、約1時間後に返信してくるとします。この場合は、あなたも相手からLINEが来たら、約1時間後に返信すると良いです。

また、それよりも少し遅らせるのも効果的です。好きな人は「LINEが返ってこないな」と思っているとき、あなたのことを考えています。こうした時間が増えるほど、「もしかしたら◯◯(=あなた)のことが好きなのかも」と考えるようになるのです。

逆に、相手よりも早いペースで返信をすると、「自分も早く返さなきゃ」とプレッシャーを感じさせてしまうことがあります。よって、これは避けるようにしてください。

このように、LINEが続いている場合は、好きな人と同じ頻度か、少し間隔をあけて送ると良いです。

最低限の返信しか来ない場合の頻度

次に、最低限の返信しか来ない場合の頻度を考えます。具体的には、次のような状況のことです。

・好きな人から質問したり、話題を振ったりしてこない

・質問には答えてくれるが、それ以外の内容が一切送られてこない

実際の例では、次のような感じです。

このようなケースでは、次のような可能性が考えられます。

1:好きな人が、LINEのやりとりをするのが苦手

2:好きな人はあなたに興味がなく、LINEをしたくない

2:あなたのLINEの仕方(話題や内容)が悪く、好きな人が反応に困っている

これでは、このままの頻度でLINEをしても、相手にストレスを与える可能性が高いです。

このようなケースでは、単刀直入にデートへ誘うことをオススメします。「ご飯行こうよ」「飲みに行こうよ」など、唐突な誘い方で構いません。

「1」の場合であれば、あっさりとOKしてもらえることがあります。「2」や「3」の場合は、断られる確率が高いです。

人生における時間は、とても限られています。可能性のない相手に片思いするより、さっさと次に行くべきです。

このように、最低限の返信しか来ない場合は、同じ頻度でLINEを続けてはいけません。デートに誘ってみて、ダメなら綺麗に諦めるようにしましょう。

返信が来ない場合の頻度

最後に、片思いの相手から返信が来ない場合の頻度を考えます。

これは、携帯電話の故障や紛失を除くと、「あなたとはLINEをしたくない」という意思表示です。よって、頻度を考えるのではなく、きっぱり諦めた方が良いです。

返信が来ないにも関わらず、高い頻度で一方的にLINEを送る人がいます。ただ、これはやめてください。片思いを成就させるどころか、嫌われてしまう原因となります。

このように、相手から返信が来ない場合は、いかなる頻度でもLINEを送らないようにしましょう。

LINEの頻度が少ないのは脈なしとは言えない

なお、好きな人のLINEの頻度が少ないと「脈なしなのではないか?」と心配する人がいます。僕も、 LINEが来ないと不安になるので、気持ちはよく分かります。

ただ、LINEの頻度から脈を判断することはできません。なぜなら、個人差が大きいからです。例えば、次のような人がいます。

・暇さえあればすぐにLINEを返す人

・1日の決まった時間にまとめて返す人

・仕事や勉強などが忙しく、携帯電話を触る時間がほぼない人

よって、あなたが「少ない」と思う頻度でも、相手にとっては当たり前かもしれません。

このように、LINEの頻度には大きな個人差があります。したがって、少ないと感じても、それだけで脈なしとは判断できないのです。

LINEの頻度が減った・増えたときの考え方

また、好きな人とのLINEの頻度が変わり、一喜一憂する人は多いです。減ったなら「嫌われてしまったのかも」と焦りますし、増えたなら嬉しくなります。

ただ、これも一概に判断はできません。単に生活リズムが変化したり、学校や仕事で暇な時間が増減したりが原因の可能性もあるからです。LINEの頻度は、あなたと関係ない理由で減ったり増えたりするものです。

もちろん、以下のような可能性もあります。

・あなたに対する好感度が下がった/上がった

・LINEの話題が相手にとって興味のない/興味のあるものだった

しかし、100%そうだとは断言できないのが現実です。

このように、LINEの頻度が減ったり増えたりしても、片思いの脈なし・脈ありは判断できません。

まとめ:付き合う前の片思いのLINE頻度

今回は、付き合う前のLINE頻度や頻度で失敗しない方法を紹介しました。また、頻度が少なかったり、減ったりした場合の考え方もお伝えしました。

片思いのLINEの正しい頻度は、状況によって異なります。続いている場合は、相手の返信と同じか、それよりも少し空けた間隔で送ると良いです。逆に、相手の反応が悪い場合は、送ること自体をやめた方がいいです。

また、片思いの相手から来るLINEの頻度が少ないと感じても、脈なしとは言えません。なぜなら、この頻度は、個人差がとても大きいからです。

また、頻度が減ったり増えたりするのも、脈なし・脈ありと断言することはできません。生活リズムの変化や、暇な時間の増減でもペースは変わるからです。

僕の発信が、ほんの少しでも役に立てば嬉しいです。あなたの片思いが、成就しますように。応援しています!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連ページ