恋愛相談の相手は誰にする?相談相手の選び方における5条件!

恋愛が上手くいかないとき、誰かに相談をする人は多いです。これは、「恋愛相談」と呼ばれます。他人にアドバイスをもらい、行動の指針とするのです。

ただし、その相手は慎重に選ばなければなりません。誰に相談するかを間違うと、失敗する原因になります。特に、身近な友達に相談して、悪い結果を招く人は多いです。

そこで今回は、恋愛相談を誰にするべきか、ふさわしい相手の選び方を解説します。正しい相手を選ぶことで、恋愛が劇的に上手くいくようになります。

結果を出している人を恋愛相談の相手にする

恋愛相談にふさわしい相手の条件に、結果を出していることがあります。結果とは、恋愛において、あなたが求める結果のことです。

この条件を元にした相談相手の選び方は、次のようになります。

・恋人を作りたい→恋人を作ったことがある人

・アプリで恋人を作りたい→アプリで恋人を作ったことがある人

・恋人との関係を長続きさせたい→恋人との関係を長続きさせたことがある人

これは、勉強やスポーツで考えれば当然のことです。数学の点数を上げたいとき、自分よりも数学が得意な人に相談するはずです。間違っても、自分より成績の悪い人からは教わりません。

しかし、なぜか恋愛相談になると、ここで間違える人が多いです。選び方を考えるとき、結果を出していない、ただ近くにいるだけの友達を選びます。例えば、次のような感じです。

・恋人がいたことがない友達に、恋人の作り方を相談する

・アプリをやったことがない友達に、アプリの恋愛について相談する

・恋人と長続きしたことない友達に、長続きする方法について相談する

これでは、間違ったアドバイスをされる可能性が高いです。そして、恋愛が上手くいかなくなります。数学が苦手な人に、数学の勉強法を聞いても失敗するのと同じです。

このように、あなたの得たい結果を出していることが、恋愛相談を誰にするかの条件です。

口が硬い人を恋愛相談の相手にする

恋愛相談にふさわしい相手の条件に、口が堅いことがあります。そうでない人を選ぶと、周囲に言いふらす可能性があるからです。

特に、あなたの好きな人や恋人と、相談相手が共通の知り合いである場合は要注意です。

恋愛に関する話は、とても盛り上がります。あなたも、「誰と誰が付き合った」「誰が誰のことを好き」などの噂を聞くことは多いでしょう。相談相手も、つい口を滑らす危険性は十分にあります。したがって、秘密を守る人を厳選してください。

このように、口が堅く秘密を守れることが、恋愛相談を誰にするかの条件です。

ルックスが良くない人を恋愛相談の相手にする

恋愛相談にふさわしい相手の条件に、ルックスが良すぎないことがあります。

恋愛において、ルックスの良い人は有利です。異性からはモテますし、同性からも憧れの対象になります。このため、恋愛相談の相手に選ばれやすいです。

しかし、こうした相手に相談をしても、失敗する可能性が高いです。なぜなら、ルックスの良い人がしていることを、普通の見た目の人が取り入れても、結果に繋がらない確率が高いからです。ルックスに頼りきってしまい、他の恋愛スキルが低い人もいます。

そこで、ルックスの良い人を相談相手にはしないでください。失礼な言い方ですが、「この人はルックスのわりにモテるな」という相手に相談すると良いです。なぜなら、そうした人は次のような部分が優れているからです。

・出会いを増やす方法

・異性心理の理解

・聞く、話すスキル

これらは、誰でも後から身につけることが可能です。ルックスが、生まれ持った要素に大きく左右されるのとは対照的です。よって、そのアドバイスは非常に参考となります。僕も、こうしたことを勉強したからこそ、恋愛がうまく行くようになりました。

このように、ルックスが良すぎないことが、恋愛相談相手の選び方の条件です。

言葉がポジティブな人を恋愛相談の相手にする

恋愛相談にふさわしい相手の条件に、言葉がポジティブであることがあります。

恋愛では、テクニックだけではなくメンタル面も重要です。同じ行動を取っても、どんな気持ちでいるかによって、結果が変わってきます。

例えば、恋愛相談の相手から、次のような言葉を浴びせられたらどうでしょうか。

・多分ダメだと思うよ

・どうせ上手くいかないよ

・付き合えるわけないじゃん

恋愛では、ただでさえ不安になりやすいです。ネガティブな言葉を浴びれば、さらにそれが増幅されます。この結果、上手くいきにくくなります。

逆に、ポジティブな言葉を浴びせられたらどうでしょうか。例えば、次のような感じです。

・いけると思うよ

・上手くいくはずだよ

・きっと付き合えるよ

これなら、前向きな気持ちになりやすくなります。そして、恋愛がうまくいきやすくなります。僕も、恋愛のアドバイスをするときは、ポジティブな言葉遣いを心がけています。

このように、ポジティブな言葉を浴びせてくれることも、恋愛相談を誰にするかの条件です。

恋愛相談を仕事にしている人を相手にする

誰に恋愛相談するかを考えるとき、なるべくそれを仕事にしている人を選ぶと良いです。これには、大きく分けて2つの理由があります。

1つ目は、アドバイスの質の高さです。恋愛相談を仕事にしている人は、毎日たくさんの人の話を聞いています。その中で、多くの成功例・失敗例を知っています。だからこそ、上手くいく方法を瞬時に助言することができます。

普通の人は、たくさんの恋愛事情に詳しくなることはありません。せいぜい、自分と身近な友人の経験くらいしか知りません。

また、仕事にしているということは、「お金を払ってでもその人に相談したい」という人がたくさんいる証拠でもあります。そうでなければ、収入を得て食べていくことができません。

2つ目は、迷惑がられるリスクがないことです。恋愛相談をされることを、面倒に感じる人は多いです。これは、次のような理由が原因です。

・話を聞くのが疲れる

・どのように助言すれば良いか分からない

・自分がアドバイスをして、失敗したらどうしよう

あなたも、身近な人に恋愛相談をすると、無意識のうちに迷惑がられてしまうかもしれません。

しかし、これを仕事にしている人は、迷惑がることがありません。なぜなら、それがやりたくて仕事にしているからです。お金を払う必要はありますが、遠慮なく相談をすることができます。

このように、誰に恋愛相談をするか考えるときは、それを仕事にしている人を選ぶと良いです。

まとめ:恋愛相談相手の選び方は誰にする?

今回は、恋愛相談を誰にするべきか、ふさわしい相手の条件を解説してきました。

まとめると、次の通りとなります。

・あなたの得たい結果を出している人

・口が堅く秘密を守る人

・ルックスが良すぎない人

・ポジティブな言葉をくれる人

・恋愛相談を仕事にしている人

恋愛相談が結果に繋がるかは、相手を誰にするかで決まります。正しい相手を選べば、的確なアドバイスがもらえます。そして、あなたの恋愛が成功するようになります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連ページ